ある日のサドベリー①

【三者三様の流れ】

おはよう!のミーティング
話したいこと、困ってることある?のお話のあと、今日の何したいのミーティングは長かったよー

というのも…

1人は冬いちごを採りにいきたい!
1人は公園に行きたい、土手滑りがしたい!
そして1人はべんざいてんで過ごしたい!

じゃあ二手に分かれて出かけようか、
とはすんなりいきません

べんざいてんで過ごしたい子は、
1人で遊びたいわけではないんです

三者三様、みんなそれぞれが違う方を向いている。こんなことは日常茶飯。おまけに出かけたいけど、お昼はべんざいてんで食べたい、とのこと。

言いたい放題やないかーい(スタッフ心の声)
でも、うまくいかないこともみんな分かっているのよね。ミーティングはいつまでも終わらず、
解決策もなかなか出てこない。

ひとまず、午前中はべんざいてんで過ごそうかと合意点をみつけて過ごすことに。

あしたのクリスマスパーティのプレゼントを準備したり、スタッフは色落ちした帽子を染めたり、毛糸の工作をしたりと。それぞれやりたいことをやる時間。そして、ここでやりたかったおばけ屋敷もできた!

やりたかったことできると、お昼ごはん食べる頃には”外出はしたくない”と頑なだった子もみんなと出かけたい!に気持ちが切り替わった!

よし!とばかりに早めのお昼ごはんを済ませたら、冬いちごポイントにレッツゴー。なんと清々しい流れ。

冬いちご摘みをきっかけに、森の中のフィールドでどんどん遊びだす、遊びがうまれる。倒れた木を鉄棒にしたり、そこにあるものでコースを作って、落ちないように挑戦したり、難しいポイントには名前がついていく、スタッフ、なんだ、毎日ここに来ようよ笑

帰りの車ではあの森に名前をつけようと盛り上がりました。自然の森、紅葉の森、あつまれどうぶつのもり!?ん?大笑い

楽しかった、また来たい!

(た)